沖縄の恵み月桃、琉球ハーブはアトピーや敏感肌にも効果絶大!

夏場の肌トラブル

毎日30℃を超える真夏日が続いていますが、汗をかくことは体温調整の意味で良いこととはいえ、アトピー肌の方は、汗で皮膚が刺激され、アトピー症状が悪化したりと悩まされますよね。
また、夏は強い紫外線を浴びたり、エアコンのお世話になって肌が乾燥したりと、お肌へのダメージを招く要因が多いものです。
紫外線の影響で肌が乾燥すると、美容の大敵になるだけでなく、かゆみが出たり、肌のバリア機能が低下し、外部から細菌などの刺激が入って、肌トラブルを起こしやすくなったりすることがあるので、外出時も気が抜けません。
丸海きあらの月桃水は、原料の月桃にこだわり、山川美代子社長自らお客様一人一人の声をもとに商品開発に取り組み、つらいお肌のトラブルに悩んでいる方々に安心して使っていただきたいという社長の思いが詰まった商品です。

月桃のパワー

月桃は、「琉球伝統ハーブ」といわれ、沖縄では古くから防虫・防菌・防臭と多種多様な用途に用いられ、人々に親しまれてきました。
有名なところでは、ムーチーという餅を包む葉として、月桃の葉を使うことが知られています。殺菌作用が優れているので、ムーチーが日持ちするんですよ。
それから、なんといっても注目すべき点が、月桃には赤ワインの34倍ものポリフェノールが含まれているということです!
中でも解毒作用のあるケルセチンと、抗アレルギー作用や、紫外線による肌のダメージを防いでくれるケンフェロールといったアトピー肌に有効な成分が豊富です。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

きあらの安心・安全なワケ

そんな高い抗酸化力を持つ月桃を使った月桃水きあらはさらに、原材料をJAS認定を受けた自社農場で在来種のみを栽培し、原料からのオーガニックにこだわっています。
そして、水を一滴も使用しない搾取蒸留法と言う独自の製造方法で月桃の葉・茎・花をまるごと絞り蒸留した、天然無添加で純度100%のきあら月桃水は、月桃の有効成分を余すことなく活用しているので、肌の浄化・再生・循環を促してくれるのです。
なお、きあら月桃水は、食品衛生法の清涼飲料水の製造許可を受けた工場で製造されたお口に入れても無害にならない蒸留水なので、肌にとてもやさしい商品なのです。

月桃の花言葉・爽やかな愛

月桃の花言葉は、爽やかな香りそのもので、「爽やかな愛」
アトピー肌に悩む方々の中には、激しいかゆみで眠れない夜が続いたりして、精神状態が不安定になったりすることもあるようですが、月桃の香りは心を落ち着かせる効果や、ストレスを和らげて、穏やかにリラックスさせる効果も期待できるので、ぜひ皆様も、きあらの月桃水をシューッと吹きかけてみて、爽やかにリラックスしてくださいね。
詳しい情報はこちら⇒http://mejapon.okinawa/?mode=cate&cbid=2171192&csid=0

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です