沖縄の生産者を応援する~めじゃポン~

沖縄の県産品・生産者を応援するブログです。その他にも沖縄の話題や通な情報などをお届けしていきます。

沖縄のニュース 沖縄観光

ゴーゴー琉球ゴールデンキングス!

2016/10/17

はじめに

皆様、ハイタイ!
どうも、沖縄大好き 今日もうちなー気分アゲアゲめじゃポンです。
いよいよ開幕しました!日本最高峰の男子バスケットボールプロリーグ「B.LEAGUE」
今、近隣の米軍基地の影響を受け、アメリカ文化と沖縄文化がチャンプルーされた旧コザ市、現沖縄市では、「沖縄を元気に!」が合言葉の琉球ゴールデンキングスのホームとしてアリーナ建設に向け、地元を盛り上げて地域の活性化につなげようという取り組みをしています。

「エンターテイメントシティ沖縄市!」

まずは、キングスのホームとなっている沖縄市の重要施策に掲げる多目的アリーナの整備全体計画についてお話します。
公表された「整備全体計画調査業務報告書」によると、本体工事などの総事業費は約170億円。プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスのホームアリーナに位置付け、関連産業や周辺地域への経済波及効果を見込む。2016年度中に実施設計を終え、17年末に本体工事に着工、20年度からの供用開始を目指すとのことです。
アリーナ本体は5階建ての鉄筋コンクリート造りで、延べ床面積は約2万6200平方メートル。サブアリーナや駐車場を含めた敷地面積は約22万9500平方メートル。多目的アリーナでは、キングスのホーム試合はもちろん、いろいろなアーティストのライブ、モータースポーツショーに展示会など、様々なイベントができるそうですよ。
例年、ピースフルラブ・ロックフェスティバルの会場となっている野外ステージが来年度中に解体工事に入ることは寂しいものの、新しくできる琉球ゴールデンキングスの情熱が詰まったアリーナが、沖縄市のエンターテイメントの場として盛り上がることに期待したいですね。

「うちなーんちゅたちの結束力^^」

先日行われたB.LEAGUEの開幕戦では、NBL最高勝率・アルバルク東京と、TKbjリーグ最多優勝・琉球ゴールデンキングスの試合が行われ、終始アルバルク東京がリードしていたものの、キングスの猛烈な追い上げやエキサイティングなプレーが印象的でした。
そして、何よりも胸が熱くなったのは、「ゴーゴーキングス!ゴーゴーキングス!」と、三線にあわせ、指笛を吹き鳴らして応援するキングスブースターたちの姿。
うちなーんちゅパワーが会場を飲み込んでいました。キングスの選手たちもその応援に、ますます熱くなったことでしょう。
結果は、残念ながら開幕戦勝利を収めることができませんでしたが、東京・国立代々木競技場に、うちなーの風が吹きました。

「みんな元気になれるスポーツエンターテイメント」

キングスの活動は、興奮・感動・情熱・勇気・希望・夢という人がより人らしく生きていくために必要なエネルギーを、スポーツのパワーで引き出し、バスケットボールの普及・強化を通して、子どもたちに夢や目標を持つ機会を生み出そうとするものです。
さらには、キングスが沖縄から全国、アジア諸国、世界へと活躍の幅を広げていくことで、沖縄のことを県外、国外の方にも知ってもらうことができます。
キングスが沖縄の持つ観光力を高め、スポーツ資源として、人と人を結ぶ懸け橋となるのです。
そして、開幕戦でも見せたような、他のどの県にも負けない郷土愛を持ち、強い絆でつながったうちなーんちゅたちのパワーがあれば、地域活性化の可能性は無限に広がります。
沖縄も世界も元気に、将来ワクワクするような未来が待っているはずです。
ゴーゴーキングス!ゴーゴー沖縄!

そんな郷土を愛する選手たちの島が沖縄!
地域活性化の可能性をともに信じ広げ続けていくめじゃポン!
詳しい情報はこちらhttp://mejapon.okinawa/

%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9%ef%bc%94

-沖縄のニュース, 沖縄観光
-