ネット通販で人気の「海ぶどう」を食べ比べてみた!沖縄県民が選ぶ「海ぶどう」ランキング!

はじめに

私たち、めじゃポンプロジェクトでは、生産者、生産者の商品一つ一つにこだわっています。
今日は、海ぶどうについてそのこだわりを発信していきます。
みやぎ商店さんの海ぶどうは沖縄県産久米島の海洋深層水で育った海ぶどうを栽培・販売しています。
久米島の豊かな環境の中で育った海ぶどうの種を久米島から取り寄せ、沖縄本島内で栽培・育成している為、久米島からの発送より鮮度も抜群です。プチプチとした食感にこだわっただけあって、その歯ごたえは抜群です。一粒にぎっしりとつまった海ぶどうはなかなかお目にかかることはできません。

「お客様を感動させる」をテーマに日々活動しています!
そんな中で海ぶどうの良さを最大限に生かし、知ってもらう為に、めじゃポンでは他の海ぶどうとの食べ比べを行いました。
実は私、みやぎ商店さんの海ぶどう以外に食べたことがないんです・・・
%e6%b2%96%e7%b8%84%e4%b9%85%e7%b1%b3%e5%b3%b6%e7%94%a3%e6%b5%b7%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86

 

 

%e6%b5%b7%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b03%e4%bd%8d早速、1商品目です。こちらも同じく沖縄県久米島産の海ぶどう(タレ付き)50g×5個
50g入りの小分けタイプで、一人でも家族でも食べやすいサイズでとても良いと思いました。
さすが、久米島産ということだけあってやはり粒の大きさは申し分なく、プチプチ感も満足いく食感で美味しかったです。ただ、磯の香り・塩気が少ないようで物足りなさを感じました。
あと、注文してから手元に届くまで少し時間がかかったように思います。これは仕入先様の都合や天候など色々あるのでいた仕方ないというところでしょうか。

 

 

%e6%b5%b7%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b02%e4%bd%8d1続いて、2商品目です。こちらも同じく沖縄県久米島産の海ぶどう(塩水漬け)(タレなし)30g×1

【生のものと塩水漬けタイプの違い】
初の、塩水漬けタイプ。鮮度や味の観点からまったく視野に入っていませんでした。この塩水漬けタイプのいいところは保存がきくこと。小分けタイプなので大量に購入しても長期保存がきき、食べたい時に水に戻せばすぐ食べることができます。これは良いですね。

塩水漬け:海水と同じ濃度の塩水に浸けられたものです。食べる直前に水に浸けて戻します。加工工程で一度粒が萎んでしまいます。その分プチプチ感は劣りますが長期保存が可能です。
生もの:加工をしていない生の状態です。 プチプチ感、風味を味わいたいには断然生がおすすめです!

 

%e6%b5%b7%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b02%e4%bd%8d水に戻して待つこと3分・・・
これは驚き!どんどん粒が大きくなってきました。え~、こんなのありなの?って感じです。
水を切り早速一口食べてみました。歯ごたえもありいい感じですが、水で戻しているため磯の香りや・塩の味が全くしません。ドレッシングをかけないと物足りない感じです。

 

%e6%b5%b7%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b02%e4%bd%8d2一時間も時間がたっていないのですが、水分が抜けて萎んできてしまいました。塩水漬けの海ぶどうはすぐ食べたほうが良さそうですね。

 

 

%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%8e%e5%95%86%e5%ba%97%e6%b5%b7%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e2%91%a0最後にこちらが、めじゃポン取扱いのみやぎ商店さんの海ぶどう。沖縄県久米島産の海ぶどう(タレ付き)80g×1 です。
毎朝仕入れを行い、当日・翌日にはお届けできるよう頑張っています。その為鮮度抜群です!

 

 

%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%8e%e5%95%86%e5%ba%97%e6%b5%b7%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e2%91%a1プチプチの食感にこだわっただけあって、見た目もボリューム満点です!磯の香りもしてきます。そのままでもすぐ食べることができますが、塩気が強いと感じる時はさっと水洗いをすると程よい塩加減になります。
まずは、水で洗わずそのままの味を味わってほしいですね。

 

%e6%b5%b7%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e6%af%94%e8%bc%83それぞれの海ぶどうを並べてみました。1番上が、塩水漬けのもの。2目が生海ぶどう。3番目がみやぎ商店さんの海ぶどう。粒の大きさ長さボリューム感はやはりみやぎ商店さんの海ぶどうがダントツのように感じます。味も鮮度も抜群でした!

 

%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%8e%e5%95%86%e5%ba%97%e6%b5%b7%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e2%91%a2・食べ方としては、塩気を抜くため軽く水で洗って、直接頂いてもおいしいし、ポン酢などのドレッシングやお刺身と一緒に頂くのもあっさりとしておすすめです!
海ぶどうは、とても低カロリーで食物繊維を多く含む美容食材です。カルシウム、鉄分、マグネシウム、ヨウ素などのミネラルやビタミンKを多く含んでいます。その為低カロリーで不足しがちな栄養をたっぷり取ることができます。海ぶどうは、デリケートな食べ物で、なんと20度以下で保存するとあのプチプチが萎んでしまいます。つい冷蔵庫に入れてしまいそうですが、常温保存がおすすめです。

1280x1024akajima1【環境】豊かな自然の恵みの中で海ぶどうは育っています。~久米島とは~
琉球王朝時代から、琉球列島の中でもっとも美しい島と言われています。そんな久米島のことを「玖美の島」と呼んでいます。久米島の周囲が1,000m級の深い海に囲まれ、魚類の豊富さは、数多い熱帯魚だけでなく、親子で海遊する「ザトウクジラ」や「ジンベイザメ」・「イルカ」・「マンタ」・「ハンマーヘッドシャーク」など、ダイバーの「こころ」をわくわくさせる環境があります。

7%e6%b5%b7%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e7%b6%b2【鮮度抜群!】
海ぶどうは水温や天候、日照時間にも左右されるデリケートな食材です。それだけ手間がかかり、育てるのには難しいと言われています。徹底した水温・水質管理で朝一に収穫したものを、その日の内に発送して新鮮な状態でみなさまにお届けしています。

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%91%e4%bd%8d20161013めじゃポン取扱いのみやぎ商店さん「海ぶどう」が見事ランキング1位になりました!!
絶品海ぶどうはこちらから購入できます。ぜひ、一度お試しください!
http://mejapon.okinawa/?pid=104906947

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です