食べ方いろいろ!万能みかん、シークァーサー

琉球諸島や台湾に自生する小ぶりなみかん・シークァーサー。
家の庭に植えられていたり、学校給食のメニューで出たりと、沖縄ではポピュラーな果物です。
シークァーサーは沖縄の方言で「酸や酢を食わせる」という意味があるそうです。和名はヒラミレモンと言います。
8月後半から9月にかけ、青切りのシークァーサーが収穫されます。
8、9月の青切り物は「酢の物用」、10月から12月中旬までは「原液ジュース用」、12月下旬から2月末までは黄色く熟したものが「生食用」と、収穫時期によって適した使用方法が違ってきます。

シークァーサーの効能

・生活習慣病の改善
・美白、美容効果
・ストレスへの抵抗力を高める効果
・疲労回復効果
・発ガン抑制効果・リウマチなどの炎症抑制作用
・老化抑制作用
・免疫力を高めて風邪予防
どれも、ストレス過多で疲れやすい現代人に嬉しい効果ばかりですね!

シークァーサーの食べ方

シークァーサーはいろいろな食べ方ができます。
まず、皮をむいてそのまま食べることができます。ただ、種が多くて慣れてないと食べにくいかもしれません。しかも、まだ青い実はすごく酸っぱいです!
学校の給食のデザートにも、シークァーサーの実がよく出ていました。青いシークァーサーの実じゃなくて、「シークァーサーゼリー」が出た時は嬉しかったです(笑)
レモンのように、焼き魚やサラダの味付けに使われることもあります。
また、有名レシピサイト・クックパッドには、シークァーサーのレシピが523品も載っています。
意外と知名度が高いようです!

ここで、シークァーサーレシピを3品ご紹介します★

シークァーサージュース

材料
シークァーサー 6個(100g)
砂糖 35g
水 200cc
作り方はこちら!
シークァーサージュースのレシピ

シークァーサーゼリー

材料
パールアガー 830g
上白糖 200g
水 680ml
シークァーサー(原液) 80ml
水 50ml
作り方はこちら!
シークァーサーゼリーのレシピ

シークヮーサーはちみつドレッシングサラダ

材料 (1人分)
オリーブオイル  大さじ1
酢 小さじ2
塩コショウ 適量
はちみつ  小さじ2
シークヮーサー&青ミカン 小さじ1/2
生野菜 お好みで
作り方はこちら!
シークヮーサーはちみつドレッシングサラダのレシピ

どれもおいしそうです!
さっぱりした味で、 健康効果も高いシークァーサー、ぜひ夏の食事に取り入れたいですよね。
でも、「庭にシークァーサーの木なんか生えてない」、「おすそわけしてくれる沖縄の知り合いも居ない」という方も居ると思います。
そんなあなたも、うっちん沖縄の「ヒラミレモン果汁100%」なら、手軽にシークァーサーを食卓に取り入れられますよ~!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です