沖縄のお菓子いろいろ

ニュースで話題の紅いもタルト

御菓子御殿さんの「いもいもタルト」と「紅いもタルト」が、お菓子の博覧会で上位に入ったことが話題になっていますね!

御菓子御殿 全国博で10位内2商品 「沖縄イモに自信」(琉球新報の6月4日の記事より)

お菓子の博覧会は、全国の菓子工業組合と地方自治体が主催している大きなイベントです。
全国各地のお菓子が集められ、出品・販売されます。

日本全国のお菓子がたくさん並ぶ会場って、どんなところなんでしょう。お菓子好きな私としてはかなり気になります!(笑)

明治44年から続く歴史あるイベントで、ほぼ4年に一度全国各地を回って開催されています。

そんな歴史ある大きな博覧会で、同じ会社の商品が2つ10位以内に入ったのは、お菓子御殿さんだけだそうです!

紅いもタルト、今や沖縄土産の定番となっていますね。もしかすると、ちんすこうと同じくらい有名かもしれません。

紅いもタルトやちんすこうもおいしいけど、他にもおいしい沖縄お菓子はたくさんあります。

サーターアンダギー


ボール状の焼き菓子で、砂糖がたくさん入っています。外はサクサク、中は生地がギュッと詰まっていて、味は濃厚です。
中に紅芋やかぼちゃが入ったものもあります。
てんぷら屋さんやスーパーでもよく売られているんですが、「サーターアンダギーミックス」と言うものも沖縄製粉さんから販売されていて、家庭でも手軽に作れます。

ポーポー、チンビン


どちらも、生地をクルクル巻いた、シンプルなクレープのようなお菓子です。
ポーポーは焼いた小麦粉生地で甘みそを巻いていて、チンビンは黒糖入りの生地を巻いています。
家庭でも作られますが、スーパーでもよく売られています。

クルザーター(黒糖)


サトウキビのしぼり汁を煮詰めて固めた、固形の黒砂糖です。
よく、飴玉みたいに袋詰めで売られています。おばあの家に行くと置かれている定番おやつで、「沖縄出身者なら誰でも知ってる!」というくらい有名です。
伊平屋(いへや)島、伊江(いえ)島、粟国(あぐに)島、多良間(たらま)島、小浜(こはま)島、西表(いりおもて)島、波照間(はてるま)島、与那国(よなぐに)島の8つの島で生産されています。
黒糖には、カリウム、ビタミン、鉄などのミネラル成分が多く含まれていて、血圧を下げたり、筋肉や神経の働きを助ける効果もあるそうです。
また、黒糖はドーナツやアイスクリームなどの味付けに使われることもあります。
めじゃポンで販売しているハッピーフィールドの「沖縄県産 お菓子おきなわドーナツ」に、黒糖味もあります!

おきなわドーナツ紹介

私はこのドーナツの中でも黒糖味が特に好きなんですが、黒糖の味わい深さとやわらかい食感がGoodです★

終わりに

今回は、沖縄でよく食べられているお菓子を一部紹介しました。
沖縄県産品のネットスーパー・めじゃポンでもいろいろな沖縄スイーツを販売していますので、みなさんもぜひお気に入りの一品を見つけてください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です